やはりお題通りには行かない

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おケツの情熱について、石原軍団の炊き出しを待ちわびながら書いてみましょう。<診断メーカー>

…おう、おーおー…今日は私の得意ジャンルではないなぁ。いや書くけど!書くけどね!?

(独りでうるせぇなあ)

ははっ。でさ、石原軍団全くわかんないからお題変えていい?

(知らないことを知ろうとする努力をするきはねぇのか)

ねーなぁ!

(なんでだよ!)

何故かってぇ?そりゃあ知らなくても生きていけるからだよ!

(それを言ったらダメなんじゃねーか?)

そんなこたぁありゃーせんよっ!知識と面白さが比例しないことを証明してやろう。←言いながらだんだん自信がなくなってきた

(ふーん。やってみろ)

うっ、うん!やるよ?出来ないことはないんだからね?だから今日は

おケツの情熱について、石で出来た山の頂上で行われる炊き出しに間に合うように急いだ口調で書いてみましょう

よし!焦るぞ!

…なに!?後5分後に炊き出しが始まるのか!?まだ麓だというのに…!

(しょーがねーな…その山 標高何メートルなんだよ)

3,500…

(富士山か)←適当

あ、間違えた。3,500センチだ。

(わかりにくいわ。単位直せ)

あ、うん。…35,000

(ミリ単位にしろって意味じゃねーことくらいわかるだろ)

うん。

(なんだよ)

わざと、ボケたの。

(ちっ)

…あー!こんなことしてる場合じゃないんだよ!早く登らなきゃ…

(標高35メートルの山なら5分で登れんじゃねーの?)

そう…?余裕持って行動したいじゃんか、だから私この山登る目標時間を一時間に設定してるんだけど…

(そんなにかかんねぇと思うんだけどなぁ!その山はあれか?チョコが滝のように流れるやつ…)

チョコレートフォンデュか。…どこが山なの

(あーゆー風に螺旋を登って行くのか、って言いたいんだよ)

え、それだったら『猫の恩返しの後半で出てくる、命綱が欲しい美味しそうな塔』の方が伝わるんじゃない?

(あれは美味しそうではないだろ)

えー!とんがりコーンに似てるじゃん←色が

(中が空洞じゃねーならとんがりコーンとは言えねぇ)←内容をあまり覚えてないので断言できない

…ってか急いでるんだよ!早く登らせろ!

(勝手に行けよ!)

着いたー

着いたー

(何なんだオメーは。目の前にゴール見えてんのに焦ってたのか?)

そーゆーことになるね!ははっ

※なんかごめんなさい