楽しい、創作が楽しい

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒いですね、もう、今から冬が来るのが大分嫌。手がかじかんで動かねぇんだもんよぉ、寒い日には字が書けないんだもん、寒いのはだから苦手です。手がまともに動きさえすればいい季節だと思いますけどねえ。創作のネタが浮かぶ…(季節関係なく浮かぶと思いますけど?)。

今日もくだらん話をしますね。まず一つ。寒さで手の動きが鈍り出して字が小さくなってきた。普段、つうか夏の間は弾けるような(白目)激しい筆跡だったのに、この頃4分の1くらいの大きさで書くようになっちゃって、紙1枚に入る字数が格段に増えましたね、そして地味に整った字が書ける(真顔)。手の動きは小さくした方が上手気な字になるんでしょうかね。「上手気」ってなんなんですかね、ウマゲって読むんですけど、私が作った変な言葉かもしれません。

さっむ。

次に二つ目、創作が今日も楽しい。大好きなモンを、二次小説で文字で表す作業が楽しいですね、至高ですね、めっちゃ楽しい。短くても書けるものは十分あるし、伝えたいところというか、書きてーとこだけ書いて自己満に浸るのが好きなんだわな。書いて、書ききった達成感にしばし浸って、また書く。楽しい。いくら書いても尽きないネタよ。自由にやればいいんだぜって思って、ネットに公開する勇気持ち合わせてねーから個人的に書きまくって楽しんでんの。それでも楽しすぎるくらい楽しいから私は良いと思ってんだよね。自分が楽しいと思って手を動かすのが何より大事だと思ってますので、だってプロじゃないから。ね?

さみーよぅアアア

明日も創作するんだぜ、寝ながら一次創作のネタを考えて、起きたら小説の続き書いて、紙とシャーペンと過ごす1日よ…ウフ(毎日そうやって過ごしてますよね)