シロクロ

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーライトで日焼けするんですよね…。

昨日遅くまで起きてゲームしたのが原因だと考えていますが、朝起きたら(起きたのは正午でしたってのは言わなくて良かったかしら)母に日焼けしたみたいに眼鏡の跡が出来ていると言われ、多大なショックを受けました。日焼けするなら全面焼けたかった、と。眼鏡の部分だけ焼けていないなんて不格好で恥ずかしい。

一日過ごしたら良い感じに境界線がぼやけたのでよかったです。

そこで、もうブルーライト焼けしたくねえなあと思ってググったら、画面をモノクロにすると目に優しい上にブルーライトでの肌焼けも抑えられるとかなんとか…。すぐさま設定を変更しなければと急いだので、効果は確信をもって語れないのですが、とにかくカラー画面よりは体に優しそうです。

カラーのデジタル画面を見ると、錐体細胞という色を識別する眼球の中の細胞が(目玉の中にあるんでしたよね…?)痛むというか疲弊するらしく、それらは桿体細胞よりも数が大幅に少ないためにダメージが大きいそう。桿体細胞というのはものの彩度を感知する、明るい暗いの判断に長けている細胞で、こっちは数が多いからか、錐体細胞より消費労力が少ないのですかね。詳しいことはわからんが、白黒テレビの画面にしたほうが目に良いらしい。

他にも、色を巧みに使って誘導する戦略で稼ぐ企業なんてものがあるらしく、ネットで見る広告かサイトかなにかに、人を上手い具合に操って情報を浚っていくための色の表現技法を使っているとか。画面を白黒にすることでその効果が無くなるので、釣りに引っかからなくなる…と書いてあったが、心当たりが無いのでなんとも言えません。

それから、他には、モノクロにするとスマホ依存を抑えられるらしいです。これは朗報じゃないですか、ですよね。色味がなくなることで、関心が落ちるんですかね。フルカラーだと視線があっちこっちする感覚があるので、それが少なくなるんですかね白黒は。

 確かに目の疲労が少ない気がしますし、デジタル画面がモノクロだと、三次元のカラーが鮮明に見えて景色がきれいになったように思う。いいことばっかかもしれない。

…着せ替えゲームはできないか。


ところで、ブルーライトで肌が焼けたかもしれない説について解決してなかったですよね、これ。考えたんですが、たかだか一日、それも二時間ぽっちで人が見て焼けてんなってわかるほど色が変わるものか…?ということは、ブルーライトではなく、日光でオーソドックスに日焼けしたのでは、と。外にはそれなりに出ていますから可能性としては十分考慮の内かと。

結論、日焼け止め塗るか帽子を被れ。ブルーライトで一気に肌が焼けるものか(偏見)。