ブレーメンの音楽隊

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ロバは年寄りで重たい粉袋を運ぶのが大変になりました。追い出される前に、ブレーメンの音楽隊に入ろうと家を逃げ出しました。年をとった4匹がたどり着いた家は…。

グリム童話としてよく知られるお話です。

詳細

タイトル︰ブレーメンの音楽隊

文︰瀬尾七重

対象年齢︰小学校1年生から

ページ数︰32ページ

出版元︰フレーベル館

発行年︰2006年

ジャンル︰えほん

私が読んでの感想

りあえず言っておきたいのは、「これ、ブレーメン行かないの!?」です。だって、泥棒を追い出してそのまま住み着くんだよ彼ら。

音楽隊は?パレードは?目的果たさず終わっていいの?

ーと、ロバと…犬とおんどり(?)と猫だったか?ただ鳴いてるだけ。叫んでるだけ。どこに音楽要素が(それ言っちゃだめ)

それに泥棒も泥棒だよね、化け物だ魔女だ!って。柳が幽霊に見えたってやつなんじゃないの おバカさんねぇ。

人的にはおんどりの「スープにされちまうんだよ」がお気に入り。

あれ、されちまうからだよ だったか?~ちまう が良いよね。響きだな、うん。鳥がスープにされることは面白くはないし、スープも笑える所はないけどリズムが良い。スープという言葉の音が良い。これからはスープで笑いそう。

おんどりパレード↑(今日の「たまごひよこチキン」の報告も兼ねる)

かーしちっこい時に読んだか見たか、それであらすじは大体知ってたけど(ラストがこうなるとは思ってなかった←覚えてねーじゃん)、今読み直してみると「御都合主義…?」って思いました。あっからさまに動物の鳴き声なのに驚いて逃げ出す泥棒たち。これって、相手が泥棒だったからいい話的エンドになってるけど、実際乗っ取りだよね?いつの時代なの領地の奪い合いって。

とさ…絵はあんま見てない私が言うと説得力に欠けるかもだけどさ、鳥が鳥食ったの?ロバは椅子に座るの?猫の目は暗闇で火に見えるの?…動物は、家の中で雨風凌ぐ必要あるんでしょうか?

は卵を産めよ!スープにされるまでの間大声で鳴く?近所迷惑だ。殺されたくなかったら飛んで南国にでも亡命しな(鳥にだけ特に厳しい…)

ブレーメンの音楽隊