「血は採れません」

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

献血しようとしたけど断られました。

笑い話です。笑いながら読んでください(真顔)。

気が向いたので献血センターのような所へ赴き、私の血を少しばかりどっかの医療現場で役立ててもらおうとしたんですが、意欲だけじゃ献血は出来ないらしい。少しショックだった。自分には意思があっても出来ないことがあるのかと知った。まぁ、それが無いわけが無いわな…。

さて、どうして血を採ってもらえなかったか話します。

結論先に言いますね、私の体調の問題です。昼ご飯食べてない空腹状態に加え、水も碌に飲んでなくて、日ごろめまいや立ちくらみがすると答えたら、倒れそうで危ないのでやめとこうと言われた。…言われました。200ml採ると貧血になる人はなるようですね…。私の場合これが初回だったんで、採血後の体調が予測できないこともこの度の不安因子となったみたいです。

しゃーないです、今度はご飯食べて水もがぶ飲みしてから行きます。

 ところで、一つ聞いてほしいのです。献血する前後は安静に座位で過ごすのが良いらしく、飲み物無料で、お菓子も用意してあって、漫画を読みながら過ごしてくださいねっていう、それはそれは落ち着く空間が待合室になっているんですよ。私が行ったところはそのようになってました。献血するついでに休息できるんですよね、精神に癒しを与えてくれる場所の感を抱きました。私はね。頻繁に通いたい。

じゃあ、今回はこれで、書きたいこと書いたんで終わろうと思います。創作したい気分になってるけどなぜか時間が経つのが早くて創作できずに今日が終わりそう…。献血できたらまたブログに書く。