ヒカリNTT

久しぶりですね、完全に個人的な感情でサボってましたすみません

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一回前の記事に書いたと思うんだけど、私アレです、鬼滅の刃に出会いまして、そんで、今日もちょこっと二次創作を見てきたところなんですよ。そんで、やっぱり自分で何か作るのが一番自分が満足できるだろうなァってことを深く考えまして、お察しの通り、「よし、じゃあ書こうか」という思考に着地。安定の考え方ですね。安心しますわ(棒)

今日は前々から試行錯誤と紙への殴り書きを経て、ついに細かく(今までに考えたどの創作の設計図よりも詳しかった)プロットを書き上げるコトに成功しました。やったね! たぶん3日くらい同じこと考えてて、登場人物はちょこちょこ変わったけど本質は変わらない、良い感じのギャグになりそうなアイデアが出たなァと思ってます。満足です。今すぐにでもここに貼りつければ証拠になるんでしょうが、まだ清書は一文字も書き始めていないので、ここではハッタリに聞こえそうな私の鬼滅の二次創作について、話そうと思います。

もしかしたら二次創作だけじゃなくて、一次、書きかけのオリジナルの作品の話とか、それから2020年に入って全く触ってなかったような(一回触った?)パソコンとの関係性を見つめなおした話とか、なんか書いていこうと思います。私は横着者なので話題が変わるごとに新しい記事を書くかもしれません。だって一月入ってろくにアップしてなかったからね。おかげでサボるのが日常になりかけたわ(なってただろ)。


よーし、そんじゃあ書きますか。創作活動がどんだけ楽しいかってな。

とりあえず、私は年末にドボンした鬼滅の刃を、毎日何かしらの形で楽しんでいたんですね。アニメだったり、madだったり、二次創作の漫画だったり小説だったり。ピーク時は日が変わって寝るアブナイ生活をしてまして、ただでさえ不健康とののしられる(正月頃に家族に心配された。昼まで寝てたら死んでんじゃないかって思ったと言われた。死んでない)生活形態なのに、そこにセンターがあったんですよね(笑)

私はマズイと思いました、このままではせっかく受験代払ったセンター試験を寝坊で受けそこなうかもしれない、と。デフォルトで早起きが苦手な私は、これまでの早起きしなければならないピンチを気合で乗り切ってきたけども、今回は寝不足のせいで、本気でやべぇかもしれんと思ったんですよ。下手したら目覚ましの音が聞こえない。そうなったら遅刻は確実である。マズイ。

そこで、だんだん、鬼滅の刃についてググる時間が減っていったんですね、多分。一ヶ月弱いたるところで検索掛けまくって自分の欲を満たそうとしてきたおかげで、なんとなく表面だけでも鬼滅の刃を堪能したかなぁと感じ始めてもいましたので、なんとか、センターは電車にも集合時刻にも遅れることなく受験できました。よかったね。

今までに、こんな毎日ほぼ一ヶ月とか同じこと検索したことないかもしれんわ。サイコロステーキ先輩のmadとかかなり見たからね。ネタにされすぎてて愛着が湧いてきてしまった。このタイミングでアニメとか原作のシリアスさに触れたらサイコロステーキ先輩の活躍(?)シーンをどう思うんだろうか、自分よ。きっと笑いながら見るんだろうなァ…シリアスなのに。シリアスなのに。

で!!そんで、鬼滅の刃はキャラが大勢いるので、その分妄想も捗っちゃいます!ってのは理解できますよ、だってあんな一杯いて、全員をそれぞれの役割持たせてちゃんと動かせてるもんね、作者の方はすっげぇな、もしかして一人じゃないんかな…って思ってる。実際どうかはこの際あまり興味が無い。これ作った人人間観察すげーやってきたんかな、って創作パワーを読み取る(自己完結・独断・勝手な解釈・ご都合主義)のが楽しい。

なるほどなぁ(何がなるほどかは知らん)、へぇ~(何がへぇry)とか思ってると、次第に自分の中に世界が出来上がってくる…と、思う。鬼滅の刃の世界が、自己解釈と妄想、願望に溢れて、暴走する。勢いで何かを作ってしまえばそりゃもう力強くていいと思う。私は勢いで書けたことないけど…。でも書きたいなんかはあるから、暴走させてみることにした。やろうと思えばいつでも着火剤、ですからね(なんなんその合言葉は)

溢れるほど存在する二次創作をかじってわかったのは、あぁ、自分はなんでもオッケーな箱推しではないんだなぁと言うこと。ちょっと困るくらいに、地雷みたいなのが多すぎた。どこかの鬼滅の刃が好きな誰かが作ったお話を、自分がちゃんと楽しめるのか、考えるのが面倒になった。さっすがめんどくさがりや。検索の手間を惜しむねぇ! 心の中の気に食わんって主張しとる奴を無視すると精神病むのがわかるので(嫌になるほど何回も気が滅入ってきた人。ネガティブが基礎だから扱いを考えんとな、と思った結果、我慢しないことに決めた。家族からは世捨て人と呼ばれています)、自分が読みたいもん_というかとにかく地雷じゃないやつを、作ることにした。

無いなら作ってしまえばいいのよ!! ってどっかで誰かも言ってることでしょう。その意気じゃ。

私は編集作業が嫌すぎて撮りためた実況のアップもしない愚か者(サムネを作るのが嫌すぎる←だいじょーぶかよ)だから、ブログのアイキャッチを作るのも誰かに押し付けたいし、Noイメージのままにしておきたい気持ちしかないんだけれど、いつか私のこの嫌いな作業を肩代わりしてくれる人が現れると信じて、その日までは編集します…。溜めて押し付けてもいいんだけどさぁ、あまりにも多すぎると逃げられそうだもんね。良いやつでしょう、私(どこが?)

じゃあ、次はまた、創作の楽しさについて、書きますので(多分)待っててください。明日書く。明日も書く。書かせる。自分に、創作の楽しさ布教代表者の何かを授けてでも書かせる。