やはり創作は良い、すごく良い

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日こっちは少しジメジメしていますが、夏が来る前のジメつきよりも湿気の少ない感じがするので、というか「もうすぐからっからの秋とか冬くるからこのような湿気我慢できらぁ」論。こういう人は熱中症になると思います、夏。実際熱中症なりかけだと言われたことがある。あれは遠き学生時代の夏休み。顔面蒼白だって言われたし、びっくりするほど体が重かった、家に帰ったら規則正しい生活と水分補給に気を付けろと10回くらい(適当)言い聞かされた。懐かしき話です。

まぁ、多分暦のもう秋なんで、スッと暑さが引いて過ごしやすくなりましたし、たぶんそのおかげでブログ更新を再開出来たんじゃないかしら、そういう部分も無いことは無いはずです、ウン。創作が、いいですね、今日も昨日までに思いついて、昨日のうちに描けなかったネタをかいて、楽しく過ごしました。寝る時間を確保しようと思ったら夜ネタを描ききれないんですよね、翌日に回して、溜める。これが続くと「描きたいところも描けないでお蔵入りしていく過去」が増えます。勿体ない話だよ。

やってみたらわかると思うけど、創作のネタを思いつきました、プロット書きかけで止めてしまうと、後から見たらすっげー気になんのよね。自分しかこの続きは書けないのに、その自分は全く覚えてない。いっそ一言も記録する真似しないでほしかった、と思ってしまう程に気になる。今考えても面白いものが湧く気がしないことが多々あるし(私の場合のみかな)、続きを考えるにしたって「今更やるの? 後ろに描くべきネタがつまってるのに?」…、もう目の前にある今考えてるネタを描き上げていくしかないんですよね。

いつか気が向いたら続きを描くかもしれない、なんてのは嘘です。そんな日は来ません。常に新しいネタをこねくり回すので忙しいから過去の没ネタに割く時間んは無い。もし過去作が日の目を見るときがあるのなら、それはふっと思い出して一部分採用したときだけです。私はいちいちネタを考えるときに自分が昔書いたモンを見返すことはしない派なんで、そう言えます。創作は自分のちっさい脳ミソとの戦いというか、協力態勢というか、充実した生産活動だと思うし実際そーだと思うから、脳ミソに入ってないことから思いつくモンなんて無いんですよ、そんで、自分が昔書いたことあるならその内容は今見直さなくても脳ミソに入ってます。つまり創作は何も参照せずにやれ。

…私の考え方ですからね? ストーリーを構成するときに他の何かを「参考にしよう」と意図してやったらそれに寄っていくことない? パクリになんじゃん。偶然を装えないから、オチまでは自分一人で作りました、という感じの姿勢を保った方が良い、と…いう風に考えております。厳密には不可能なことなんですけどね。だって話をたくさん知ってるから感動させる方法がわかるんだぜ。自分が感動したことあるから。自分と大衆は必ずしもマッチせんが、大方方向性は同じだろうと考えて、自分が感動した話の展開を、自分のかきかたで表現すると。いいですよね、創作は。いろんな話を見たり読んだり経験したりして、面白いのを一杯作ってほしいですね、世界には。私も作りますよモチロン