インターネットに感謝

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一週間ほど更新していなかったですね、うやむやにしてしまおうと思うのですが、言い訳を書いていきます。うやむやな言い訳を書きます(?)。自分、ブログをどうしてやっているのかわからないでいるので、正直サボった一週間辛くなかったです。書いていないことに対しての自責は発生せず、このままなおざりにしてやってもいいかもしれんと考えた。なぜネット界に出ていこうと思ったのかわからないから、今日だってこういう、特に意味の無い日記もどきを綴っていくんですよ。なにか功を奏すでしょうか、いいえ。

さて、本題に入ろうと思うが、単刀直入に言って一週間引っ越しに関する生活環境の変化への対応を迫られていた。別にブログが更新できないほどに忙しく、精神的にてんてこまいだったわけではない。引っ越してきて3日程度が経過して、程良く自炊や洗濯を嗜み、見知らぬ土地を散歩がてら歩き回って迷いかけたり、自分の望んだ時刻に食事を摂り、授業が開始するまでのつかの間のニート生活を楽しんでいる。ホームシックになる可能性は今のところ感じられない。引っ越す前に既に離れで寝起きしており、夜は自分以外の存在を確認できない場所に隔離状態よろしくぼっちで籠っていたものだから、ひとりで過ごすことは全く苦ではない。一人暮らしの神髄はまだうかがい知れないが、今は楽しいと思っている。TSUTAYAも、スーパーも徒歩5分のところにある都会感。私のためにある町なのかしら、最高かよ(棒)。という気分であります。

で、家族の息が感じられぬ遠き住まいに暮らしているわけだが、精神的にはあまり引っ越す前との変化はなく、だから書こうと思えばブログは書けた。インターネットが繋がらなかった数日除けば、4月5日からブログを更新することが可能だった。だがそうしなかったのは、まぁ端的に言ってpixivのせいです。入り浸っておった。先述した通り、まだ授業が始まっていないゆえ、持てる自由時間が起きている間の全ての時間といっても過言にならない…なるけど、ならない。学校で健康診断やらなんやかやと細かな講習っぽいものがあるにはあるが、あっても半日はフリーである。だから、用事以外は新たなマイホームに籠りっきりになり、pixivを漁ることができる。え、勉強?なにそれ。

pixivにて、自分が飽きるまでコンテンツ漁りを止めない、止められない己の性を発揮し3日。多分3日。

良い感じに脳内に二次創作の情報が飽和し、多少の面倒を感じるようになってきた。選りすぐりを始めたら、潮時である。所謂「飽きた」状態に入りかけているというか、もう入っているかもしれないが、そろそろ創作する側に行こうかなーと考えている頃であるので、pixiv生活は昨晩一区切り付いた。飽きた、と表現したが、コンテンツそのものに飽きを感じたわけではない(と信じたい)。自分の中の解釈と異なる、そう、解釈違いが起き、その齟齬が選りすぐりを加速する。なんのこだわりも無かった初心のころとは違い、膨大な二次創作を見ることによって自分の中に自分にとっての理想が形作られる。そいつがエゴのように、まさしくエゴらしく付きまとい、人様の二次創作を見ることを次第に遠ざける要因となる。マジで。

つーわけで、一人暮らしはけっこう良い感じに楽しゅうございます。インターネットありがとう、Wi-Fiが使えない間の飢餓感といったらなかったよ。発作。禁断症状出てた。我慢できなくてそこらのギガ使っちゃったのは良い思い出ですハハ。

ブログは、これからもこんな感じで何書いているのかよくわからない論点ずれまくるがさつさを売りに続ける予定なので、心配しなさんな(?)