当面madは作りたくない

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩と首がばっきばきです。痛い。これを人々は「無理をした」と言うのだろうか。体感的な疲労はすさまじいが、内心無理をしたとは思っていないので、これは無理ではなくて、体が弱いとか付いてきていないとか言うべきかなと思っている。

それを無理をすると表現するのか……?

ではそういうことにしよう。この話は以上です。ここから先は、激痛を得た経緯を書きます。充実した3日間でした。3日目である今日はあまり作業していませんでしたが、佳境って感じだったので今日も充実してました。

私は急に思い立ち、手描きmadリベンジを図ることにしました。なんていうかね、リベンジって言ったけれども、復讐心なんてものがあったわけではないです。これを自分の見たいキャラで描こう、と思ったから作ったんです。疲れた。完成に近づいていくのは楽しかった、ただ同じ姿勢でいるせいであろう痛みが肩と首に溜まって疲れた。もう作りたくないです。アニメはもっとコマが細かい(白目)から、パラパラ手描きmadよりもさらに疲弊と凝りが重いのだろうと思いました。アニメ作ってる人や、手描き動画作ってる人は立派だと感心しております。

えー、そんで、まぁ自分が三日坊主だから、3日以内に動画を完成させなければ完成する兆しは絶対に見えないぞと鼓舞し、奮い立たせてなんとかトレスしまくって、苦手な色塗りを完遂し、動画の素材をきちんと用意することを達成。2日目までは深夜一時とか二時とかまで起きていました。良い思い出ですね(?)おかげさまでブログは更新しておりませんでした。

そして、BGMを当てて動画にし、YouTube等に投稿するために出力しようとしたら、まぁソフトがとろくて、不調で、全然出力作業が進んでいる様子が見えなくて、めっちゃ待った。二度とBGMに画像を当てていく作業をやってやるものかと半ギレ状態でしたので、待った。待つの嫌いだけど待った。作業中に一回、完成したデータが飛んだショックがトラウマになったいたし、単に面倒だしで、編集作業には当面触れたくない気分でございました。ただ、半日待っても出力してくれないので、作り直した。マジで精神的疲弊が酷い。いらいら少し、諦観少し、完成させねばの使命感少しでやけを起こしてかなり雑なものに成り下がったが、形は保っている(?)代物が完成したので、勢いでアップした。明日になると冷静になって投稿の勇気が出ないかもしれないからな。

そんな苦痛を堪えて、描きたかったものを描いた作品がこちら…って、紹介しても大丈夫でしょうか。地雷とか、生理的嫌悪を誘うことは無いのだろうか?

義炭です。