時間吸収スマホ

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絵を描こうと思っていたのに、YouTube見てたらあっという間に2時間半くらい経ってしまった。

なんでこう、誘惑に弱いのだろうか、自分は。嫌い(真顔)。仕方がないと諦めて、明日もまた同じようにスマホに向き合い過ごす時間を莫大に設け、時間を浪費という形で使い、気が付いたら夜が更けていましたという状況を味わって、布団の中で己をにわかに罵って眠りに就く無変化の暮らしを続けようとの心づもりか。諦めてしまう勢でいくのか。それでいいんか、いいんかおい。

(ため息)

今日さ、久しぶりに外歩いて、街に出たらさ。日本語を流暢に話す外国人にとある建物がどこにあるのか尋ねられたのよ。外国語だったら私困ったね、英語は辛うじて話せるかもしれない(単語を)が、日本語でさえギリギリコミュニケーションが取れる程度の実力ですので、日本語を勉強して来てくださった模様のその外国人のことは素晴らしいと尊敬しました。私がもし外国に旅行に行くならある程度はその土地の言葉を使えるようになってからの方がいいなと思った。…という私の感想はさておき、なんとか問われたことに応えて一件落着させまして、良い感じに笑顔を浮かべてグッバイしたんですよね。

愛想笑いであろう表情を作り、ありがとうと感謝を述べる外国人にお辞儀をしまくることで対応し、ろくに声を出さないでその場を離れて思った。なにやってんだ、と。自分は何をやっている? 今顔に貼りつけていた笑みは一体何なのだ。そんなんで場を乗り切れたと思っているのか。勘違いじゃないのか。バカなのか、バカなんだ。バカだから今何をしでかしたのかを理解していない。いや、悪事を働いたのではない。悪いことはしていない。だからしでかしてなどいないし、責められる所はない。ないけども。

さっと笑みが引き去って、遠くを黄昏て眺めるような顔をして、自分はなにをしているんだと思うことがある。不思議とか、疑問とか、そういった答えを求めている問いではなくて、単に、お腹空いたって感じるように思う。自分なにやってんの。今の自分は何。笑ったフリは真に効果をもたらしたか? 相手は私のきめぇ(はず)笑顔を見て多少なりとも親しみやすさのひとつ、温厚で話し掛けやすい空気のひとつを感じ取っただろうか? そもそも笑顔に見えていたのか? いや、相手は私の顔を見ていたのか? 

これ、なんだろう。忘れよう。私は一切思考を巡らせてなどいないし、特に今日は大きな出来事も無く、平和で春な気候の下で穏やかに過ごしましたとさ。ってわけで、絵を描けていない、創作出来ていないくそみたいな非生産性を更新してしまいましたが、寝ます。おやすみなさい。