夢はそうそう変わらないもんらしい

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「眠い」

『ならさっさと寝りゃいーだろ』

「それがそうもいかないから起きてるんだよ」

『まるで書くのが面倒って感じだな』

「そんなこと言ってねーよ」

『でも眠くて眠くて今すぐ永眠したいんだろ?』

「そんな不謹慎なこと言うなよー」

「私はブログ、楽しいと思ってるんだぜ?」

『あぁそーか。なんか口調おかしい気がするけど気にしねぇことにするわ』

「あ、そこはご自由に。」

『…で、今日は何を目的に書いてんだ?』

「わたくし、考えるんでございますよ、将来のこと」

『は?そんなもん考えなくても もう決まってんだろ』

「会社員になるって…?」

『それでもいいけどよ、なんか出すっつってたろ』

「汚い」

『あ!?』

「出すとか軽々しく言わないの。」

『じゃあ重々しく言えばいいんだな』

「…これデジャヴ…」

『記憶にねえな』

「それも聞いたことあるぞ…?」

『へぇ、ならリンクでも貼って親切に対処してやれよ』

「なんで」

『いや、なんで はねぇだろ』

「今日は蒸し暑くてそれどころじゃない」

『そんなの理由にすんな』

「…はいはい、わかったよ。安心しな。」

3秒で作ってやる

『嘘だな』

他にもあるはずなんだけど、おかしいな…出てこなかったブログ内検索に。

『かっこを使えよ』

「あーサーセーン」

『沖縄みてえだな』

「シーサーだとぅ?」

『今日は察しが良い日なようだな』

「だれ」

「…で、これがデジャヴの重々しいやつね」

『その言い方だとデジャヴが重いみたいになってねえか?』

「違うの?」

『知らん』

「無責任な。」

『僕ら無限大のー…』

「それはこないだどっかで見たぞ。昨日か?」

『またリンク貼っとくか?』

「えーメンド」

『なんでだよ』

「だってまだ私が日頃考えてる将来の話してないもの」

『…はぁ。それは自費出版するってやつだろ?』

「いつそんな話に?」

『印税で食っていきたいって言ってたろ』

「いや…そこじゃなくてさ、私自費払うって今まで一度も言ったことないはずなんだけど」

『すげーな、こだわってんな』

「いやいや。他人事みたいな言い方すんな」

『は、紛らわしい』

「どこが」

『とにかく本を出せばいいんだろ、なら部活入れよ』

「なんなんだその解決策…良いじゃないか…」

「私が今更部活に入る資格があるのか不明だがなぁ…(笑)」

『ゴリ押せ』

「多少無理がある気が否めない」

『ざまあ』

「会話する気がないようだ」

『…あ。こんなんじゃあお前、小説なんか書いたら悲惨だな(笑)』

「笑うな。いつかすげーの読ませてやるから待ってなさい」

『“すげー”悲惨な内容なんだぜ?』

「期待を大きく裏切ってやるよ…。私の将来の夢№1は出版にしておくぜ」

『かっこつけてんなー』

№だってよ、君も使ってみよう(え)