しずかちゃん→小学生→算数。ですよね!

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでもお風呂に入るしずかちゃんの矛盾について、過去に例を見ない長文で書いてみましょう。<診断メーカー>

それでも、の「それ」がどれか詳しく説明してもらえたら書けると思うんだけどなぁ。

(調べろよ)

調べる…?最近の流行り?

(何言ってんだテメー。早く調べろ)

オッケ

…Google検索してみたけど、入浴画像と風呂に入る回数、一回の平均入浴時間の予想が乗ってるだけで「それでも」の答えはなかった

(なら…作れ!)←!?

えー…1日3回は風呂に入ってて毎回最低2時間は風呂にいるらしいしずかちゃんの風呂大好き話を作れ、と?

(そーだ。よくわかってるじゃないか)

はいはい。過去に例を見る短文になるかもしれないけどいいかな?

(だめだ。)

なにそれ、ルール守りたい系?(笑)

(ルール守るのはいいことだぞ!)

ルール守るの嫌いそうな奴が言うな(笑)

(いつ、どこで、誰が、嫌いだって言った?←実は嫌い)

なんとなくわかるから

(ふーん。そういうお前もルール嫌いだな。)

決めつけー(笑)相当自信があるようですが、残念!私はルール大好きなんですよねー。←嘘

(どういうことだ!絶対ない!だって「ルールは破るためにあるんだ」って言ってたじゃねーか)

おー!よく覚えてたね。その通り。ルールが存在するのは破るため。だから大好きなんだよ

(何言ってんのかよくわかんねーわ)

そう?ならしずかちゃんの風呂話しようね。ラジャー!

(一人で騒いでやがる)

えーと…しずかちゃんは、あのー、えー、風呂が大好きなんですよね、はい。

(さっきからそう言ってるだろ)

で、うーん、……わかったできた←多少のハッタリだったり

こーゆーのはどう?

「夜、家族団らんで茶の間のテレビを見ていたら、しずかちゃんは急にあることを思い出してソワソワして落ち着きがなくなって、数秒後部屋から駆け出して行った」

「何事かと思っていたら風呂に急いで入っていくのが見えた」

(しょーもねぇ)

うん。自覚済み。あと、しずかちゃんがテレビ見るのかわかんない

(もっとオモシレーの考えろ)

善処します。出来た←ハッタリ

「先生あのね、今日ね、3時間目の算数の授業のときにね、分数の足し算の問題を解いていたらね、教室のどこかからバシャって水の音がしたからね、なんだろうと思ってキョロキョロしてたらね」

「問題は解けたかー?…そこ!顔が猫じゃらし追いかける子猫になってるぞ!って怒られた。先生、あれは子猫だと思ってキョロキョロしてたんじゃないんだよ」

(なんだこれ)

分節…!私ね、今ね、あなたの後ろにね、いるの。…っていう!

突然怪談ネタを入れてくる

メリーさんだっけ?

(しずかちゃんはどうした)