ヒカリNTT

絵を描くより文字書く方が好きだった、です

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画を描こうとしたときあったんですよ、一年前、いや二年前か。四コマなら描けるだろうと思って描いてたころがあったんですよ、描けなかったわけではなかったですけどね、気が長くない人間なせいで、途中で飽きて終わり方が雑! 話が急に適当に流れ出した! ネタつまんね! みたいなことに…なりがちな、風でして。漫画はなんていうか、皆に話の流れを伝える役目も担ってませんか、だから説明を入れようとしたら長ったらしくなって飽きる。悪いことですよね、飽き性なところなんとかすりゃいいんじゃね?

漫画が描けないというよりも、漫画を描く時のストーリーの組み立て方がとっても下手(ノープランだもの)なのがネック。そう…ネック。ネックウォーマー。いつか四コマで結構長い話作った時に、描きたかった最後のとある一コマのためになんとか描き切ることが出来たが、それが無かったら今頃途中止めで押し入れの中だっただろう。それにその描きたかったシーンは、熱意でいい話的にしてやったが、作り立てで見直したときはなかなかいいぞと思ったものの、今もし見たら黒歴史発酵してるかもしれない。そんくらいの、結構雑な部分の目立つ作品だと認識している。正直あんま面白くなかったと思う。描いてて辛かったもの(笑) 描かなきゃ廃ると鼓舞してやり切った、珍しくストイックっぽい思い出。

今でも、私はなにか話を作ろうと思ったときに勢いで描き始めて竜頭蛇尾、描きたいシーンなど無かった、描いてて楽しくねぇ! そんで飽きて描くのやめる。…そんな感じに、なってたんですよ、今日。だからね、やっぱし消耗するためにバイト始めるべきだなぁと思う。やろうと思う、そろそろコンビニ店員デブーしたい。楽しいかどうかは知らんけど、一回やってみたかった何となく。コンビニ店員。父さんはあんな楽なもんはないって言っとった。私はやったことないので知らん、知らんからやるんだよね。

(今良いコト言った顔してドヤっていますよこの人)

一日ずっと創作のこと考えてると気が滅入るんですよ、どっかにいつか同じこと書いてました? 繰り返しになってたらごめんね、でも繰り返す。えっとね、私ちょっと創作バンバン出来るタイプでもないのかなと思う部分もあるんで、そこまで創作が好きでもないんかもしれんが、下っ端くらいなら名乗れると思う、多分。だが誰の下にも付かん。従うのは好きじゃない。バイトじゃなかったら従わんぞ(就職出来るのかコイツ)。…それはいいや、今どうでもいい。私は気晴らしにバカやるのが好きなので、基本文字書いてたい派というか、文字の合間合間に絵を描くと、すっげーバカみたいな、まぁバカなんだけどバカみたいのが出てきて気分上がるんですよね、シュクゲン上げますかってな(ハァ?)。

でも時間がありすぎると燻るのでマズイですね、少しは忙しく? しないと、暇を与え過ぎたら良くない。なんていうか、闇の奥深くを求めてガリガリ書いてたよ、昼間。ダイジョウブかなこの人、って思う感じ。骨をドロドロに溶かしてやりたい気分だわ(なんで)。

今日の反省を生かして、昼間はどっか出かけよう、バイト行こうかなって決めようとしている。普段どこにも行かないから行きたいところが特に無い。どっか行くにも田舎だからアトラクションのある公園には鉄棒くらいしかない。でも広い。バドミントンとかテニスとかゲートボールとかサッカーとか出来るよ、嗜む程度なら。…そこまで出るのも面倒。しかも一人で行って一人で何をやれと。鉄棒か。…鉄棒か? テツボウ…

めんどく(殴

もうすぐ春だもん、あったかくなったら気分も自然に上がるはずだよね、それまでになるたけハイにしておいて、春来たら限界突破したろうや。ハハ、私の頭がいっつもおかしいことを春になって再確認出来るように過ごすぜ(ちょっと何言ってるかわからん)