ヒカリNTT

体力が無い。

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し小走りして街中をへらへらしながら移動しただけで軽く筋肉痛になった咲兜です。運動しなくても死んでないからしなくていいかな、みたいなことを思ってまして、とりあえず体力スタミナ持久力筋力、無い。やわい。殴られたらあっさり気を失ってしまうよ、ヤワだよ!

もし殴られたときのために今からでも遅くない、体力をつけることにしました。体力はあって良いものだし、創作で、体力無い系主人公が鍛えて妹に一発入れる話を作ろうか(サガチャンからの浮気)って話が出てまして、それの訓練期間の描写を生々しくするためにも自分がその苦しみを味わおうという狙いがあります。

現実の私の目標は、50メートル走の後息切れしないことです(ゆっくり走ったら切れなそう…)。創作の主人公の目標は、喧嘩ばりばり強くなることです(現実感が無いから誰かに相手になってもらおうかとか思ってしまってる。もしかしたら喧嘩するっていうアイデア自体をボツにするかもしれないんですよね、浮かんではボツにする…なんか、一発キメたいですね。ハイ)。

思いついたときはすごくいいものに思えたんですけどねェ…主人公が技出す、そんな少年漫画みたいな話を作りたくなってすぐさま浮かんだネタだったんで、そんなに作りたかったんかって、ビックリ?しましたね、懐かしい(今日のことです)。殴り合いしたことねー奴が、喧嘩する話が書けるのかって考えだしたら即刻無理じゃねって結論出ちゃうんですよね。どう思いますか、本物の喧嘩をしたことある人がこの世に居る中で、未体験の私が喧嘩について描写するって。いまいち偽物な感じがでるんじゃないですか?そこが嫌なんですよね、できるだけ本物っぽさを出していきたい。

だから喧嘩をしたい(すぐやられそう)

売ってみようか、それとも真っ向勝負で「殴り合おう」って言ってみようか、家族に。他人に言うのはちょっと…。急に喧嘩しよう、とか怖いし…。

なんで喧嘩する話なんだ!!!今日から俺はの影響なのか??まぁいいか、とにかく私は体力をつけるゼ。