雑に『俺のスカート、どこ行った?』④

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらすじ

  • 探偵…!?たのしそう
  • 感謝と謝罪の大切さ?
  • 見応えのある口論でした。
  • 原田先生の味方が~、増えていく~。

探偵の人気のなさ(笑)

珍しすぎたのかな、多分そうだよね。

選んでも良いかな~とは思ったんだけどやっぱり現実的な職業を体験したいと思ったのか、

人気殺到して抽選になったら自分の引きの弱さで落ちる確定だから競争を避けるために候補外にしたとか、

私にはコナンが居るから大丈夫だと思ったのか…。

どれにせよ「探偵」と書かなかったのは…あれですね。

試しにやってみないとわからないんですよ、

書いたら行けたかもしれないじゃん。

宝くじも1枚でも買えば確率の中に入れるんだよ、書こうよ入ろうよ。

探偵なんて人生で体験出来る人間ほぼいないよ、いないよね…?

探偵…その響きに吊られて職場体験行こう…行かねばと思おうぜ、諸君。

きっと楽しい。探偵だぜ?

真実はいつもひとつの探偵だぜ?

めっちゃ漫画読めるかもしれないじゃん、事務所で。

推理得意な人が探偵してるんでしょ、なら学習用の本(漫画)が並んでるよ←適当

ほら、皆も珍しいやつにはとりあえず手を出すんだ!

ハンドスピナーとか、な!

感謝と謝罪、感謝罪

ありがとう と ごめんなさい を言える人間に。

…でしたっけ?

これらは…心の底から言わないと意味がないんですよね?

ただ社交辞令っぽく、言っときゃいーんでしょ。じゃあ駄目なんだよね、そんな気がするよ。

なら…当分は私謝らなくて良いのかな。

自分が悪いと一切思ってないのに「すみません」って言って立ってる人間どかすのが、なんか…ね。

どけてもらう私より立ちふさがったあなたが悪くない?みたいな…

…いや!

別に良いんだよ、人っ子1人通れないように立ってても。

私は言うよ「すみませーん」って。

でもその言葉には裏があるってことをわかってね。

「でけぇなお前、壁か?」

「強制勧誘セールスだったら褒めてつかわす(通れないようにしてるからビジネスチャンスだよ)」

「ツボなんか要らねぇよ!買うか!」

「(ツボ1個)10万ん?それだけあったら宝くじ買う」

「ギョウザいっぺーちゃぁぁぁぁあん!!」

…まぁ、悪口から始まり相手を混乱させる一平ちゃんで締めくくりですね。

私が宝くじ信者だってバレました?(笑)

この間当たったから…!(300円)

明智軍団と工場長の口喧嘩

とてもいやーな感じの工場長でしたね、私はそう思いました。

スカッとジャパンでも見てるかのような気分になりましたよ。

スカッとジャパンってスカッとしますか?

…あー、いやこの言い方だと

「全然スカッとしないジャパンだよあの番組は。」

って意味に聞こえてしまうね。

もっとぼこぼこにしてくれたらなぁ…って思ってしまうので最近見てないです。

私が過激すぎるんでしょうね。

オチは相手混乱させれば良い、ぐらいに思ってますからね。

どこでスカッとするんだか…

まぁ私のスカッとジャパンの話は終わるとして、工場長でしたね?

井の中の蛙感?

工事の中だと一番強いんだろうけど、それを外でされると困ると言いますか…何だかあなたの家庭が心配になります。

ご近所さんは噂好きなんでしょう?大体。

すぐ悪口言われてるじゃないすかドラマで。

だから無難に平穏に迷惑かけないようにお付き合いしていくのが上手いご近所との過ごし方だと私は思ってるんですけどね。

実際どうかは検証してないんでまだわかりませんよ。

私がそう思って生きよう、という話です

原田先生快調。多分快調

先生を囲むメンバーが増えてきたよねってことだと思うんですが…。

…ですね。合ってる。

ここで敢えて原田先生ではなく若林?くんと…ふさふさボーイのことを書きたいなと思います

喧嘩?の後の仲直りで友情っぽいのが生まれたでしょ、あれは…一体何?

あんな一瞬で湧くものなの?

私前から何回も書いたと思うんだけど

自称「友達出来ない性格」のぼっちちゃんなので、人間関係がよくわからない。

無難なノリがわからないから話すぐ終わるし。

私は沈黙でも構わないんだけど、それなら一緒に歩く必要なくないか?って考えちゃうんだよね。

キャッキャしてらっさるJKたつの…

あの雰囲気は私1人でも作れると思ってるからね!

…アホだから。

お、おぉー、おっ?

私は私の話をしてしまっているらしい。

感想書こう。

【友情はすぐ発生しすぐ消えるものなのか?】

何か虚しいと思うんだよな…。

こんなキラキラドラマ(汚い意味ではない。決して)で話題が暗いのぉ…

じゃあ最後に心の中で叫ぶと良いだろう、

「ギョウザいっぺーちゃぁぁぁぁあん!!」