首いたい

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創作ってすごいよな。インターネットってすごいよな。

pixivホント好きです…。

みたいな話をできたら、いいな。今回のテーマはそれにしようと思う。いつも同じようなことを思っているけども。上手く表現出来たことが無いかもしれないし、言い足りないというか、何回言っても良いと思うんだよね。

ああ、創作全般に対して抱いていることを律儀に抽象的に述べていくのには途方もない時間や語彙が必要だと思う。私の頭じゃ書ききれない。的確にあるもののことを説明して印象を与えるって難しいよね? 具体的であればともかく。ね、創作のよさを表したいなら創作すりゃいいのよ。私はそう思うから、基本的に「創作やると楽しいし、創作そのものが素晴らしいからみんなやれ」としか言わないんだよね。

創作は、作者が持っている答えを、作品の中で出すまでの過程を描写してあることが非常によいと思う。経過の演出、懊悩の記録、迷走の時間、人ってすぐに正しい答えを出せるわけじゃないし、導いた答えが万人にとって最善といえるものでもない、そういうのを描いてる作品って、器用だと思うんだ。作者が、器用だと。うまいなって思うな。そーゆーの、かきたいなー、かけるかなー、わたしにもできるかなー

なんか泣きそうだ。やりたいことが遠くにあるってちょっとつらい。着実に進んでいるのか確かめる術が無いものだから、自己肯定でしか自立できないんだろうな、良い感じに立っていられたらそれでよし、創作してよう。では、おやすみ