創作鑑賞で夜が更ける

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪の治りかけでしょうか、鼻が詰まった。鼻水が出る。ついにやってきた面倒で息苦しい期間。幸い私はそこまで鼻水がひどくないようで、常にティッシュが手放せない状態ではない。うちの花粉症持ちの家族は、時候に便乗してやっぱり風邪を引いていて、派手に音を立てて鼻をかんでいる。隣の部屋提訴なら余裕で音が聞こえる。ま、聞こえるわな、だべっても扉一枚なら漏れ聞こえてくる。

最近本を読むのに久しぶりに楽しみを感じているので、青空文庫のアプリを入れました。あのシステム作ってくださった方が素晴らしいですね、著作権の機嫌が切れた作品を誰でも無料でネットで読めるようにしよう、という発案。流石です。

さっき太宰治さんの、ロマネスク(で合ってるよね?)を読みました。感想が纏まってるわけじゃないから書ける事がろくに無いが、自分の文章とは天と地ほどの差があって、やっぱし経験やら書いた量の多さやらが影響してんのかな、余裕があって、読みやすい。そう、書いてることがすぅっと頭に流れてきて、さらさら読めるから、読んでて楽しいわけですね。自分のにはそう思わせるには大分気持ちが急いている。加筆修正しないで小説を完成と言ってしまうのも原因だとは思うが、それは今は無視しておくとして、もっと文章が上手く書けるように、読む。きっといつか読み直したい、ロマネスク