クラピカ理論信じますか?

シェアするか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二手に分かれた後の弱いキャラの面白さについて、過去の反省を踏まえて書いてみましょう。<診断メーカー>

…うん。まずね、確認したいのが、『弱いキャラは当たりを引くのか引かないのか』っていうこと。二手に分かれると、どっちかがゴールへ、もう片方が行き止まりへ行くよね。

(例外はあるだろうけどな)

そうなんだよ。どっちもハズレの線もあるわけだからただ二手に分かれることだけで考えるのが難しいかなって思ってるんだよ

(めんどくせーから二手に分かれることだけで想像すりゃいいだろ)

そうだね!←すぐ考えを変える奴

弱いキャラの代表と言えば誰?

妖怪ウォッチシャドウサイドのケースケ。コナンだったら元太かな。

こんなもんかなー、あんまし出なかったね。

(もっと出せ)

思い出せないんだよ!一つだけより良いでしょ、2倍だよ?

(はいはい)

じゃあ今回のメイン行きますか。二手に分かれたときの面白さ、ね。

  1. がたいに関係なくなよっちぃ
  2. 重要なものをビビってるせいで見過ごす
  3. リアクションが現実感を生み出す
  4. 他のレギュラーメンバーが反応薄いから、二手に分かれるとさらにビビりが引き立つ

これでどうすか。

(思ったより薄っぺらい)

…ですよねー。自覚してます。でもー?終わるー!終われ!

(また今日もそうやって変な終わりかたするんだな。)

そうだよ、何が悪い?

(「こいつまとめるの下手だなー」と思われること)

別に大丈夫。

(大丈夫ってどういう意味だ)

私は大丈夫。まとめるの下手なのが伝わってWinWin

(どっちにもメリットねーよ)

あ、そう?まじかー!ボルシチー!

(ボルシチっていつの話だよ)

一昨日?


まとめ

一言目から「俺の友だち 出てこいジバニャン」を言われる妖怪と、探偵が警察より先に物色する殺人現場